前へ
次へ

世界をリードする日本の医療に関して

日本の医療レベルは、ハッキリと世界一だと断言出来ます。
心臓や脳の分野はトップランナーとして走り続けていますし、存在感は増していると言えます。
発展途上国の患者が日本を頼りに訪れるケースもありますし、社会貢献を果たしていると言えます。
ただ、安心していられない面もあります。
ips細胞に関しては欧米の研究も進んでいますし、中国や韓国も黙ってはいないはずです。
競争が進むことで更に進化が生まれますし、日本の医療レベルも上がる可能性があります。
やはり一番厄介なのががんですし、治る可能性をもっと高めることが出来るはずです。
臓器移植の問題も含めてになりますが、国民的な議論が進むと良い方向に向かうことが出来ます。
百年先の日本のことを考えることが重要ですし、政治のパワーも必要不可欠だと言えます。
若くて有能な医療従事者は多いですし、次の世代に伝えることも鍵となります。
時間はあるようで少ないですし、今から努力をするべきです。

Page Top