前へ
次へ

総合病院の医師は専門性が強すぎる可能性

医師には医師国家試験に合格すればなれ、その後に自分で専門分野などを決めることができます。
内科医になろうと外科医、美容整形の道に進むのも自由です。
大学がどこであろうと試験に合格した時点はそれぞれの力はあまり変わらないと言えるでしょう。
専門性を強めようとすると専門医の資格などを取るケースはあります。
医師の働き方にもいくつかあり、通常は大学病院や総合病院に入ることが多いでしょう。
そして自分の進みたい科で研修医として一定期間を過ごし、さらにそのまま勤めることもあります。
一方で実家のクリニックを継いだり自分でクリニックを開業する人もいます。
クリニックとなると総合病院のように色々な科は設定できません。
総合病院とクリニックの医師の違いとして、総合病院の医師の方が専門性が強くなるかもしれません。
一方であまり他の科のことは知らない、他の科の医師に任せる流れがあります。
クリニックは内科であっても外科や耳鼻科等の知識も多少踏まえながら治療をしてくれるケースがあります。

Page Top