前へ
次へ

大学病院はどういったところなのか

大きな医療機関として総合病院がありますが、その中でも大学病院がより大きくて優秀な病院のイメージがあるかもしれません。
各都道府県には国公立の医療機関がほぼ一つ以上あるので地方においても一応県内にはあるでしょう。
入院するなら大学病院がいいと考えて無理に行くこともあるようです。
大学病院はその名の通り大学が運営している病院で、医科大学や医学部に付属する病院です。
医学部においては医学部生を育成する必要があり、その教育の場として大学病院を設けています。
さらに大学院などでの研究として病院が使われることもあります。
白衣を着た医師のように見えて実は医学生のこともあります。
もちろん高いレベルの医療が受けられる面もありますが、その一方で実習生の目にさらされる機会もあるでしょう。
自分が受けている手術を医学生が見学するなどもあるかもしれません。
大学病院をあえて選ぶのであれば、医学生が勉強する場であることも知っていく必要があるでしょう。

Page Top